和歌山地方気象台のホームページ
トップ台長からのメッセージ>台長からの過去のごあいさつ

台長からの過去のごあいさつ

ごあいさつ(平成31年4月掲載)


和歌山地方気象台長 山田尚幸
紀三井寺にある生物季節観測用標本木ソメイヨシノの前にて


皆さん、こんにちは。和歌山地方気象台長の山田尚幸です。

明治12年(1879年)7月1日に開設された和歌山地方気象台は同一地点で最も長い観測を続けている気象台です。この7月で満140年を迎えることとなります。この歴史ある和歌山地方気象台に勤務して2年が過ぎました。

春の訪れを告げる、紀三井寺境内にある桜の標本木は、昨年の台風第21号で、枝が折れるなど被害を受けましたが、3月25日には10年連続近畿地方で一番早く開花し、4月1日には満開を迎えたところです。

この1年を振り返ってみますと大きな災害の年でした。西日本を中心とした「平成30年7月豪雨」や相次ぐ台風、6月の大阪府北部の地震や9月の「平成30年北海道胆振東部地震」など広域にわたる大規模災害が続きました。

ここ和歌山県においても、台風第20号、第21号、第24号の3つの台風による被害が相次ぎました。特に台風第21号では、和歌山で最大瞬間風速57.4m/s、最大風速39.7m/sを記録し、屋根瓦が飛び、沿岸部では高潮や高波による被害もありました。また、長期間にわたる停電も県民の生活に大きな影響を与えました。

今年もまた、出水期が近づいてまいります。梅雨、台風による大雨や暴風への備えをしっかりしなければなりません。また、懸念されている南海トラフ巨大地震、中央構造線断層帯による地震など、地震や津波もいつ発生してもおかしくありません。気象のみならず地震や津波に対しても日頃からの備えが重要です。

気象台では、相次ぐ自然災害に対応するため、これまで以上に自治体支援を強化いたします。平時からの顔の見える関係を維持して、いざというときのために迅速で分かりやすい情報提供体制を構築してまいります。また、ひとりひとりが自分の命は自分で守るとの意識に立ち、危険度分布などの防災気象情報を活用し、適切な「行動」を取っていただけるよう地域に根差した支援を行ってまいります。今後とも、気象台の業務にご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。


平成31年4月1日

和歌山地方気象台長   山田尚幸