和歌山地方気象台のホームページ

トップ>主な大雨災害

和歌山県の主な大雨災害

 和歌山県では、6月、7月の梅雨期と9月の台風期に大雨となり災害が発生しています。
 1889年(明治22年)8月18日~20日にかけて、台風の影響で紀伊半島は豪雨となり(十津川豪雨を含む)、和歌山県で1,200人を超える死者がでました。20日に田辺市で901.7ミリの日降水量を記録しています。
 1953年(昭和28年)7月17日~18日にかけて、梅雨前線の活動により豪雨となり(南紀豪雨、7.18大水害」)、約25万人の県民が被災したと言われ、1,000人を超える死者・行方不明者がでました。
 2011年(平成23年)8月30日~9月5日にかけて、台風第12号に伴う大雨により、和歌山県では、死者56人、行方不明5人の人的被害など大災害となりました。新宮市高田で9月4日4時までに降った24時間降水量は、1,044mmという驚異的な大雨を記録しました。(災害については和歌山県調べ)

和歌山地方気象台と潮岬特別地域気象観測所における降水量の極値
1時間降水量(mm)日降水量(mm)
和歌山地方気象台潮岬特別地域気象観測所和歌山地方気象台潮岬特別地域気象観測所
降水量年月日降水量年月日降水量年月日降水量年月日
122.52009.11.11145.01972.11.14353.52000.09.11420.71939.10.17
99.01952.07.10127.01960.10.07296.11956.09.25405.61967.10.27
89.51983.07.05121.21955.07.22270.01965.09.14387.51998.07.16
【参考】年降水量の平年値  和歌山地方気象台:1316.9mm / 潮岬測候所:2519.0mm
潮岬特別地域気象観測所の極値は、潮岬測候所のときに観測された値です。