稚内地方気象台の仕事

稚内地方気象台の1日

それでは、最北の気象台の1日を簡単にご紹介します。当番者は毎日24時間、1年365日休まずに交替で勤務しています。

天気に休みはありません。では早速見てみましょう。


  • 07:40

    高層担当の観測当番が出勤してきます。

    高層気象観測のための気球飛揚のため、この時間から仕事が始まります。

  • 08:15

    高層気象観測の準備が進んでいます。

    気球に水素ガスを充填してGPSゾンデという観測器械をつけて飛揚の準備をします。水素ガスは危険が伴うので慎重な作業が要求されます。

    左は気球を広げて水素ガスを充填するところです。

    右はGPSゾンデという観測器械です。

  • 08:30

    準備していた気球を飛揚します。

    左は気球に水素ガスが充填済のところ。

    右は飛揚の瞬間です。

  • 08:50

    観測室では先ほど空へ飛揚した機器から送られてくるデータを受信しています。高層気象観測のデータは予報を作成するうえでとても重要です。

    観測室ではデータを受信しています。

  • 08:30

    一方、同じころ観測予報を行う現業室では、昨日からの夜勤者が日勤者に引継を行うとともに、予報の検討を行います。

    夜勤者からの引継が行われています。

  • 09:00

    冬の季節はこの時間に海氷観測を行います。

    今年は稚内に流氷はくるのでしょうか?

    なお、流氷が近づいてきた場合には必要に応じて随時観測をします。

    屋上から双眼鏡による海氷の観測を行っています。

  • 10:30

    11時(昼)予報を発表するために予報官が膨大な資料と格闘中です。

    (11:00に発表します。)

    左は昼予報発表のため予報官が資料の解析や予報の検討をしています。

    右は予報の発信作業をしています。

  • 11:00

    2階の事務室もちょっと覗いてみましょう。

    ここでは総合的な案内や情報公開に関する受付窓口の仕事や気象資料の閲覧窓口の仕事、気象に関する証明等の仕事をしています。

    2階事務室の様子です。

  • 15:30

    夜勤者が出勤してきます。

    夜勤はこの時間に出勤して翌朝の09:30まで仕事が続きます。

    体にはキツイ仕事かもしれませんが、少しでもいい情報や予報が出せるよう日夜努力してます。

  • 16:00

    朝08:30と同様に、日勤者が夜勤者に引継を行うとともに、予報の検討を行います。

  • 16:30

    17時(夕方)予報を発表しています。
    (17:00に発表します。)

  • 17:15

    2階事務室では本日の業務終了です。でも、今日は残業しているのかな・・・。

  • 20:30

    高層気象観測として、朝08:30と同様のGPSゾンデの飛揚作業が行われます。

    左は風船に水素ガスを充填しているところ。

    右は徐々に膨らむ気球。

  • 03:30

    5時(朝)発表の予報のため予報官はこの時間から懸命な検討が続きます。

  • 04:30

    5時(朝)予報を発表しています。

    (05:00に発表します)


駆け足で稚内地方気象台の1日を見てきましたがいかがでしたか?
365日休むことなく、続けられている仕事です。でも、私たちにはとてもやりがいのある仕事だと思い、みんな誇りを持って働いています。
今後もよりよい情報をより早く、的確に伝えられるよう努力していきます。


高層の気象

稚内地方気象台で行っている高層気象観測をご紹介します。

高層気象観測とは?

水素ガスをつめた大きな気球に器械をつり下げて飛ばし、上空約30キロまでの気圧・高度・気温・湿度・風向・風速を観測することです。

この観測は全世界で同時に行われていて、日本では16ヶ所で朝と夜の2回(8時30分と20時30分)気球を飛ばしています。

観測した結果は天気予報の基礎データとして、また気候変動・地球環境の監視に用いる他、航空機の安全な運航にもかかせないものとなっています。

どんな器械を使うの?

■GPSゾンデ

上空約30キロメートルまで上昇し、気圧・高度・気温・湿度・風向・風速を観測するのに使われます。

温度計と湿度計は、GPSゾンデから突き出たアームに取り付けられており、GPSアンテナ、無線送信機、電池等は、 GPSゾンデの本体内部にあります。

本体寸法

  • 高さ×幅×奥行き: 155×63×46 ミリメートル
  • 重量(電池を含む): 約80グラム

■気球

天然ゴムで作られており、この中に水素ガスをつめます。

水素ガスはとても燃えやすい危険なガスなので、気球は直径が、1.7メートルくらいで、1700グラムのものを持ち上げる量の水素ガスを中につめます。

上空では、写真の数倍にふくれ、やがて破裂します。

■パラシュート

ポリエステル製の不織布で作られています。気球が破裂したあと、観測器械が落下するときに開きます。

パラシュートは、観測器械をゆっくり降下させます。

■全景

これらをつなげると全長が約17メートルにもなります。

落ちている器械を拾ったら?

気球が破裂することで観測が終わり、観測器械は落下を始めます。

稚内から飛ばされた観測器械のほとんどは、オホーツク海へと落ちていきます。
しかし、夏など上空の風が弱いときや、風向きによって陸地に落ちることがあります。


稚内地方気象台(気象庁)が使っている器械には次のようなシールが貼られていますので、拾われた場合には確認をお願いします。

万が一、稚内地方気象台(気象庁)が使っている器械により損害が生じましたら、観測器械に記載されている連絡先までご連絡ください。

ちなみに...
気象庁以外に気球を使って高層気象観測を行っている機関はいくつかありますので、無理のない範囲でご確認をするか、最寄の警察に連絡をお願いいたします。


  • 他の機関例
    • 「防衛省」
    • 「大学などの研究機関」
    • 「日本気象協会」