高層の気象

高層気象観測とは?

 水素ガスをつめた大きな気球に器械をつり下げて飛ばし、上空約30キロまでの気圧・高度・気温・湿度・風向・風速を観測することです。
 この観測は全世界で同時に行われていて、日本では16ヶ所で朝と夜の2回(8時30分と20時30分)気球を飛ばしています。
 観測した結果は天気予報の基礎データとして、また気候変動・地球環境の監視に用いる他、航空機の安全な運航にもかかせないものとなっています。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

稚内地方気象台
〒097-0023 稚内市開運2丁目2番1号 稚内港湾合同庁舎