稚内地方気象台の1日


それでは、最北の気象台の1日を簡単にご紹介します。
当番者は毎日24時間、1年365日休まずに交替で勤務しています。
天気に休みはありません。では早速見てみましょう。


07:50 高層担当の観測当番が出勤してきます。
高層観測のための気球飛揚のため、この時間から仕事が始まります。
08:15 高層気象観測の準備が進んでいます。
気球に水素ガスを充填してレーウィンゾンデという観測器械をつけて飛揚の準備をします。
水素ガスは危険が伴うので慎重な作業が要求されます。

気球に水素ガス充填をするところ レーウィンゾンデという観測機器
左は気球を広げて水素ガスを充填するところです。右はレーウィンゾンデという観測器械です。

08:30 準備していた気球を飛揚します。

 気球に水素ガスが充填されるとこうなります 風船(ゴム気球)が放球されたところ
左は気球に水素ガスが充填済のところ。右は飛揚の瞬間です。

08:50 観測室では先ほど空へ飛揚した機器から送られてくるデータを受信しています。
高層観測のデータは予報を作成するうえでとても重要です。

 データ受信をしています データ受信をしています
観測室ではデータを受信しています。

08:30 一方、同じころ観測予報を行う現業室では、昨日からの夜勤者が日勤者に引継を
行うとともに、予報の検討を行います。

  
たくさんの天気図を前に夜勤者からの引継が行われています。

09:00 天気や雲量・視程などのデータは世界中に配信されます。
屋上に上がって目視観測を行います。

屋上からの観測の様子 屋上からの観測の様子
屋上から目視観測をしているところです。

09:00 冬の季節はこの時間に海氷観測を行います。
今年は稚内に流氷はくるのでしょうか?
なお、流氷が近づいてきた場合には必要に応じて随時観測をします。

双眼鏡による海氷観測 双眼鏡による海氷観測
屋上から双眼鏡による海氷の観測を行っています。

10:30 お昼の予報を発表するために予報官が膨大な資料と格闘中です。
(11:00に発表します)

予報検討中 
昼予報発表のため予報官が資料を解析しています。

11:00 2階の事務室もちょっと覗いてみましょう。
ここでは総合的な案内や情報公開に関する受付窓口の仕事や気象資料の閲覧窓口の仕事、
気象に関する証明等の仕事をしています。

 総務課の様子 防災業務課の様子
2階事務室の様子です 

15:30 夜勤者が出勤してきます。
夜勤はこの時間に出勤して翌朝の09:30まで仕事が続きます。
体にはキツイ仕事かもしれませんが、少しでもいい情報や予報が出せるよう
日夜努力してます。
17:15 2階事務室では本日の業務終了です。

でも、今日は残業しているのかな・・・

20:30 高層観測として、朝08:30と同様のレーウィンゾンデの飛揚作業が行われます。

水素ガスを充填しています 風船がどんどんふくらむところです
左は風船に水素ガスを充填しているところ。右は徐々に膨らむ風船

21:00 夜勤者による夜の観測です。
露場で観測機械に異常がないか点検をします。
その後は屋上に上がって目視観測です。
真っ暗ですが天気や雲量もちゃんと観測しています。雪はやんだようですね。

屋上で目視観測中
目視観測中!です。

03:00 夜勤者はこの時間にも目視観測を実施します。
03:30 朝5時発表の予報のため予報官はこの時間から懸命な検討が続きます。
04:45 午前5時発表の予報を防災情報提供システムを使って伝達します。

 防災情報提供システムから情報伝達 
防災情報提供システムから予報の伝達を行います。

駆け足で稚内地方気象台の1日を見てきましたがいかがでしたか?
365日休むことなく、続けられている仕事です。
でも、私たちにはとてもやりがいのある仕事だと思い、みんな誇りを持って働いています。
今後もよりよい情報をより早く、的確に伝えられるよう努力していきます。


Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

稚内地方気象台
〒097-0023 稚内市開運2丁目2番1号 稚内港湾合同庁舎