Top > 天候・災害などの資料 > 災害関係公表資料


災害関係公表資料

山形地方気象台が災害についてとりまとめ、公表した資料を掲載しています。
迅速に公表するため観測値は速報値を使用しており、後日データが修正される場合があります。(確定値による再公表は行いません)

災害時気象資料(速報)

山形県内で報道機関に大きく取り上げられるなど社会的に高い関心が集まった気象災害(地震津波・火山災害を除く)が発生したとき、地方自治体をはじめとする防災機関、報道機関、県民に対して、その災害が発生した気象状況の概要や特徴を迅速かつ的確に知らせるため、図表を主体とする「災害時気象資料」を作成し公表しています。

現地災害調査報告

 
気象災害が発生した際、気象観測網によって得られる気象資料、および気象庁以外の機関から得られる災害資料を補足するために現地災害調査を行い、その結果をとりまとめて公表しています。
 現地災害調査を行う災害としては、死者・行方不明者を伴う災害、社会的に影響を及ぼし社会的関心が高まった災害、竜巻等の顕著な突風現象による災害等があります。

東北地方6県の災害関係とりまとめ資料

 
東北地方6県の気象台が公表した災害関係のとりまとめ資料は、仙台管区気象台のホームページからアクセスできます。