気象台のご案内

 交通のご案内   沿革   組織

横浜地方気象台 横浜地方気象台のパンフレットが見られます (PDF 2,419KB)

交通のご案内  印刷用(PDF 193KB)

案内図(JR石川町駅南口で下車し、元町商店街をまっすぐ。突き当たったら向かって右側にある階段を上り、外国人墓地に沿って進んだ左手側にあります。地下鉄みなとみらい線6番出口=アメリカ山公園口(エレベータ・エスカレータを上がった先)を出て、外国人墓地に沿って進んだ左手側にあります。)・所在地
 〒231-0862
 神奈川県横浜市中区山手町99番地
 (外国人墓地のすぐそばです)

・電話番号
 業務・危機管理担当(窓口)     045-621-1563
 防災担当(窓口)            045-621-1999

・電車
 JR根岸(京浜東北)線 石川町駅下車。南口より徒歩約20分。

 横浜高速鉄道みなとみらい線 元町・中華街駅下車。アメリカ山公園口(6番出口)より徒歩約7分。
(6番出口は、改札を出てすぐ右手にあるエレベータ、エスカレーターで上がったところです。)

・バス
 神奈川中央交通 11系統(桜木町駅前~保土ヶ谷駅東口)、

 横浜市営バス 271系統「あかいくつ」号、20系統(山手駅~山下ふ頭行)に乗り、

 港の見える丘公園前バス停で下車。徒歩3分。

     横浜地方気象台はAED(自動体外式除細動器)を庁舎2階に設置しています。
         AEDは、心室細動などの不整脈に対し、心臓に電気ショックを加えて正常な状態に戻す医療機器です。


横浜地方気象台の沿革

 
気象台の現在の建物 アールデコ建築様式の面影が残ります

大きなのっぽの古時計は大正15年製です

大きなのっぽの古時計


 横浜地方気象台は1896(明治29)年8月1日に、当時は神奈川県測候所として、海岸通一丁目(山下公園付近)に設立されました。大正12年の関東大震災によって建物がすべて焼失し、現在(山手町)の建物は昭和2年に建設され、同11月より業務を開始しました。

 北緯 35°26.3′
 東経 139°39.1′
 海抜 39.1m

 この建築様式は1920年~1930年頃に流行したアールデコと呼ばれる装飾様式で、その面影は玄関上の装飾部分や柱の幾何学模様に見られます(写真上中)。

 気象台の中に入ると、大正15年生まれの「大きなのっぽの古時計」がお客様を迎えます(写真右上)。

スプルング気圧計は、現存している測器としては稀少です

露場(観測施設)

 気象台では、天気、気温、湿度、日照時間、雨量、風の向きや強さといった気象観測や地震の観測をしています。
 また、動植物の状態が季節によって変化する現象(生物季節)も観測しています。

 写真右:露場(ろじょう)
 写真中央:風向風速計(ふうこうふうそくけい)
 写真左:気象台に残っているスプルング自記気圧計(晴雨計とも呼びました。昭和初期~20年頃に活躍しました。現在は動きません)

 気象観測ガイドブック

 

予報検討の様子  気象庁から送られてくる気象観測データやコンピュータによる分析結果などから、県内の注意報・警報、台風情報などの防災情報天気予報を発表しています。
 また、気象観測データを整理し、気象資料の提供や統計・調査、証明及び鑑定を行っています。
 この他にも、港湾の船舶に対して、気象測器の点検や気象に関する技術指導を行ったり、広報活動の一環として職員の講師派遣(出前講座)なども行っています。

  


気象台イラスト



気象庁ロゴマーク 【戻る】 【東京管区気象台】 【気象庁ホームページ】