気象証明のご案内

オンライン申請も可能です。詳しくはこちらの「電子申請とは?」をご参照下さい

 

気象証明をご存じですか?


 横浜地方気象台では、横浜地方気象台(横浜市中区山手町)で観測した記録について証明を行っています。
 また、神奈川県内の地域気象観測システム(アメダス)の観測結果も証明することができます。

神奈川県以外の地域の気象証明につきましては、最寄りの気象台・測候所におたずね下さい。

 気象証明は、主に落雷等による電子機器の故障の際、保険請求や得意先への事情説明の他、裁判等の資料としても利用されています。

証明を受けるには

気象台やアメダスで観測されていない事項など、ご依頼の内容によっては鑑定が必要となる、または証明・鑑定ができない場合があります。
事前に気象台窓口にお問合せ下さい。

1.証明・鑑定依頼書への記入

 証明を受けようとする事実・目的・必要通数などを「証明・鑑定依頼書」に記入してください。 気象証明・鑑定については、こちらの申込書をご利用ください。

証明鑑定申込用紙(pdf版)


証明鑑定申込用紙の記入にあたっては、つぎの記入例をご参考いただくか窓口までご相談下さい。

【参考】証明鑑定申込用紙の記入例(pdf版)


2.証明・鑑定依頼書の提出

 証明書発行には、1通(5枚以内※)につき収入印紙5,300円(鑑定の場合7,900円手数料が必要になります。
  オンラインで申請される場合の手数料は、5,200円(鑑定の場合7,800円です。

 ※「1通5枚以内」とは、1枚では書ききれないときに2枚、3枚と続けて記載する場合をさします。
   5枚を超える場合 6~10枚の場合は、10,600円、11~15枚となる場合は15,900円・・・(証明書の場合)となります。
   証明書が3通必要な場合は、5,300円×3通=15,900円分となります。

証明鑑定依頼書に必要事項をご記入いただき、
収入印紙を同封、あるいは収入印紙を依頼書左上の余白に貼付して(消印しないで下さい),
窓口までご提出下さい。
なお、当台では収入印紙の販売を行っておりませんので、あらかじめご購入下さい。

3.証明書、鑑定書の交付

 依頼書の受け付け後、2~3週間程度で証明・鑑定書を窓口にて交付します。
(依頼内容が多岐にわたる場合は1ヶ月以上かかることもありますので、ご了承下さい)

証明書は郵送等でもお届けします。
郵送等を希望される場合は、依頼書の提出時に必要な金額の切手等を貼った返信用封筒を添えて提出してください。

なお、電子申請をご利用で、証明書・鑑定書の郵送を希望される場合には、返信用の切手等を送付いただく方法のほか、
郵送料を必要な手数料と合算して、オンラインバンキングやATM(現金自動預け払い機)でお支払いいただくこともできます。

提出する前に窓口にお問合せ下さい。

  【参考】気象証明書の交付例(pdf版)    
 

このホームページには、Adobe社 Adobe Readerが必要なページがあります。
 Adobe Readerをインストールするには右のバナーをクリックして下さい。

 
 アドビリーダーのダウンロードへ  

お問合せ
(平日10:00~12:00/13:00~16:00)

横浜地方気象台

防災担当(窓口) 045-621-1999

〒231-0862 横浜市中区山手町99番地


【戻る】