ホーム > 秋田地方気象台長からのメッセージ
 秋田地方気象台長からのメッセージ
秋田地方台長

 秋田県は、三方を山で囲まれ、西側が日本海に開けた形をしており、秋田駒ヶ岳、鳥海山をはじめとする活火山や雄物川、米代川などの大河川により形作られています。

 一方で、大雨による土砂災害や洪水害、地震災害、火山災害など、甚大な災害がこれまで幾度も発生しています。

 気象台では、災害に結びつくような激しい現象について、特別警報、警報、注意報などの防災気象情報を適時的確に発表するとともに、平成29年から運用を始めました危険度分布(土砂・洪水・浸水)の表示などにより、土砂災害や水害の危険度の高まりについて県民のみなさまに分かりやすく伝えてまいります。

 大雨や地震などの際に、県内の被害を少しでも軽減できるよう、職員一丸となって努力してまいります。

令和元年 5月
秋田地方気象台長 小池 二郎(こいけ じろう)