九州・山口県の気候変動監視レポート2021

九州及び山口県における2021年の気候の状況、気候変動の最新の状況を「九州・山口県の気候変動監視レポート2021」としてとりまとめました。
地域の気候変動に関する基礎資料としてご活用ください。

    <概要>

  • 2021年8月中旬の大雨、2021年の天候や海洋の特徴について解説しています。
  • 九州・山口県の、気温、降水、桜の開花、黄砂、周辺海域の海面水温、海面水位の長期変化傾向の最新の状況をまとめています。
    地球温暖化などの影響により、九州・山口県では年平均気温が100年あたり1.75℃の割合で上昇し、猛暑日の年間日数や非常に激しい雨の年間発生回数が増加する傾向が見られています。
  • 「各県の気候変動」の章では、県ごとの観測地点の気温、降水量などの長期変化傾向をご覧いただけます。
  • 今回のレポートから「html版」を作成しました。一部の要素の長期変化傾向についてはグラフの画像ファイルや元データがホームページから取得できます。

Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。


九州・山口県の気候変動監視レポート、地球温暖化予測情報、地球温暖化リーフレットのページに戻る