本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0749-23-2582

〒522-0068 滋賀県彦根市城町2丁目5-25

彦根地方気象台の紹介introduction

彦根地方気象台

  彦根地方気象台は、明治26(1893)年に滋賀県立彦根測候所として設立されました。その後、県から国の機関となり、気象台に名前が変わりました。
  設立当初からずっと、今の場所で観測しています。130年近くにわたって同じ場所で観測を続けている気象台は、全国でもそう多くはありません。
動画
やまもとひまりさんによる彦根地方気象台庁舎の紹介動画です。
(YouTubeへリンクします)


彦根地方気象台で行っているお仕事

彦根地方気象台測器

動画
やまもとひまりさんによる観測測器の紹介動画です。
(YouTubeへリンクします)

動画
職員による、気象台の仕事全般の紹介動画です。
(YouTubeへリンクします)
pdf版もあります。(2.0MB)



気象台は、なぜ「台」って言うの?

 台という字には「周囲が見渡せるように高く造った建物」という意味があります。(灯台や展望台など)
 気象台も、まわりの気象を観測するために、周囲を見渡せるように建てられていることが多いため、台という字が使われています。