太陽のマ-ク    平成30年7月豪雨 (2018年6月28日~7月8日) 高知地方気象台
 高知地方気象台トップ > 過去の気象災害>平成30年7月豪雨

概況
6月28日以降、華中から日本海を通って北日本に停滞していた前線は7月4日にかけ北海道付近に北上した後、7月5日には西日本まで南下してその後停滞した。また、6月29日に日本の南で発生した台風第7号は東シナ海を北上し、対馬海峡付近で進路を北東に変えた後、7月4日15時に日本海で温帯低気圧に変わった。前線や台風第7号の影響により、日本付近に暖かく非常に湿った空気が供給され続け、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となった。

気象の状況(7月5日から8日の記録的な大雨の気象要因のイメージ図)
気象要因イメージ図

多量の水蒸気の2つの流れ込が西日本付近で合流し持続
梅雨前線の停滞・強化などによる持続的な上昇流の形成
局地的な線状降水帯の形成             

気象の状況(6月28日から7月8日までの総降水量(アメダス))
総降水量の図

6月28日から7月8日までの総降水量が四国地方で1800ミリ、東海地方で1200ミリを超えるところがあるなど、7月の月降水量平年値の2~4倍となる大雨となったところがあった。
高知県では、降り始めの6月28日から7月8日までの総降水量は、馬路村魚梁瀬で1852.5ミリを観測した。

特別警報の発表
7月8日05時08分に宿毛で最大1時間降水量108.0ミリの猛烈な雨が観測され、05時50分に宿毛市、土佐清水市、四万十市、大月町、三原村、四万十町に特別警報を発表した。
気象レーダー画像
7月8日05時50分の気象レーダー画像

大雨警報(浸水害)の危険度分布
7月8日05時50分
大雨警報(浸水害)危険度分布図

土砂災害警戒判定メッシュ情報
7月8日05時50分
土砂災害警戒判定メッシュ情報図

洪水警報の危険度分布
7月8日05時50分
洪水警報危険度分布
大雨警報(浸水害)危険度分布スケール図 土砂災害警戒判定メッシュ情報スケール図 洪水警報危険度分布スケール図

防災気象情報の発表状況
宿毛市への防災気象情報の発表状況
(図をマウスでクリックすると拡大した図が表示されます)
宿毛市への防災気象情報の発表状況の図

災害の状況
高知県内では死者3人(大月町2人、香南市1人)、床上浸水120棟、床下浸水370棟などの住家被害が発生した。
【高知県調べ(2019年2月18日時点)】

高知自動車道 立川橋崩落写真
撮影:7月10日 高知自動車道 立川橋崩落(大豊町提供)

安芸市 県道29号線崩落写真①
撮影:7月13日 安芸市 県道29号線崩落①
(気象台撮影)



安芸市 県道29号線崩落写真②
撮影:7月13日 安芸市 県道29号線崩落②
(気象台撮影)


宿毛市西町被害写真①

撮影:7月11日 宿毛市西町①(依岡氏提供)



宿毛市西町被害写真②

撮影:7月11日 宿毛市西町②(依岡氏提供)

 高知地方気象台トップ > 過去の気象災害>高知豪雨 Kochi Meteorological Office