観測第一課の業務内容

観測第一課の業務内容について

観測第一課では、JMA-10型地上気象観測装置による地上気象観測、気球を用いた高層大気の観測(GPSゾンデ観測、オゾンゾンデ観測)、GPS受信機を用いた気柱水蒸気量の観測を定常的に行っています。

また、高層大気の観測においては新しい観測器の特性を評価するための比較試験、安全性を向上させるための開発や改良、観測データの精度向上を目的とする試験・調査なども行っています。

この他、気象庁の高層気象観測者、気象大学校生、南極地域観測隊気象庁派遣隊員の研修などを行っています。

露場

露場

ゾンデ観測の準備の写真

ラジオゾンデ観測の準備(気球へのガスの充填)

GPSゾンデ比較観測

GPSゾンデ比較観測

オゾンゾンデの実験の写真

オゾンゾンデ反応液の特性評価実験

高層気象観測者への研修の写真

気象庁の高層気象観測者への研修

このページのトップへ