熊谷地方気象台トップへ JMA…気象庁ホームページへのリンクです。障害等で更新されない場合があります。
サイトマップ リンク集 
熊谷地方気象台Top >> 埼玉県の天気・気候 >> 生物季節、季節現象の観測 >> 桜の開花等について
桜の開花等について
熊谷市の荒川沿いの桜堤に、「毎年この桜の木で観測する」と決めている一本の「標本木(ひょうほんぼく)」があり、桜の咲く時期には、この標本木を気象台の職員が見て、開花日と満開日を観測しています。
熊谷地方気象台の標本木は「ソメイヨシノ」という種類の桜の木です。

毎年の開花日・満開日は「植物季節観測」をご覧ください。

開花

桜の「開花」とは、標本木に5~6輪花が開いた時のことです。
熊谷での開花の平年日は3月29日です。

ソメイヨシノ開花  ソメイヨシノ開花 

満開

桜の「満開」とは、標本木の花が80%咲いた(八分咲き)時のことです。
熊谷での満開の平年日は4月5日です。

ソメイヨシノ満開  ソメイヨシノ満開 

開花・満開時期について

さくらの花の元となる「花芽(かが)」は、前の年の夏にできて、そのまま眠りにつきます。
そして、冬の寒さに一定期間さらされると、目を覚まします(休眠打破といいます)。
目を覚ました後は、暖かくなればなるほど早く成長して、開花します。

つまり
・冬が寒いと、花芽がしっかり目を覚ますので、花が咲くのも早くなります。
・目を覚ました後は、暖かい日が多いほど早く咲きます。

開花には、「冬の寒さがどうだったか、春先の暖かさはどうなるか」が重要になります。
お花見などの見ごろは、通常、開花の数日後からとなります。(開花から満開までは、平均で8日ほどかかります。)

平年のさくらの開花日の等期日線図

1981~2010年の平年値によるものです。
この平年値は気象台等での観測値に基づいており、標高の高い地域では気温が低いのでこれより遅くなります。

開花日の等期日線図

気象台で行っていた「開花予想」について

平成21年春まで行っていた「さくらの開花予想」は、終了しました。(報道発表資料)JMA

今後は、民間会社等の開花予想をご利用ください。
(インターネットの検索サイトで「桜 開花予想」等のキーワードで検索できます。)


問い合わせ先

 熊谷地方気象台 防災担当

 ・電話 : 048-521-5858(平日8:30~17:15)
 ・FAX : 048-521-7933
 ・住所 : 〒360-0814 埼玉県熊谷市桜町1-6-10


このページの一番上へ移動 気象台トップページへ移動
Japan Meteorological Agency