[ホーム] [業務紹介] [気象特性] [気象証明・鑑定] [歴史] [組織] [気象データ] [リンク] [用語集] [京都地方気象台ホームページについて] [サイトマップ]

気象証明・鑑定について

目次

気象証明・鑑定とは?

気象庁では、気象観測の結果や警報・注意報の発表状況について、その事実を認める『気象証明』と、過去の観測資料をもとに自然現象を推定する『気象鑑定』を行っています。

『気象証明・鑑定』は、落雷などによる電子機器の故障等、自然災害にあった場合の保険請求をする時の添付資料となる他、得意先への事情説明、裁判資料等にご利用いただいています。

なお、保険会社等によっては、『気象証明・鑑定』までは必要ではなく、『地上気象観測日表』のコピーなどでも良い場合もありますので、事前に保険会社等にお問合わせのうえ、当気象台防災管理官室までご請求下さい。

気象証明・鑑定の発行を受けるには?

  1. 先ず、気象証明・鑑定を受けようとする事実について、当気象台に電話でお問合わせ下さい。内容によっては、気象証明・鑑定を発行出来かねる場合もございますので、ご承知おき下さい。
  2. 電話で相談させていただいた内容に基づき、気象証明・鑑定を受けようとする事実・目的・必要通数等を記載した『証明・鑑定依頼書』を提出していただきます。提出にあたっては、直接気象台まで来ていただくか、郵送でも受け付けいたします。『証明・鑑定依頼書』のテンプレート(PDF形式)またはテンプレート(WORD形式)を用意しましたのでお使い下さい。また、『証明・鑑定依頼書』とあわせて、郵送に必要な金額分の切手(郵送基本料金に簡易書留分の料金を加えて下さい)を貼った返信用封筒を同封して気象台までお送りいただければ、郵送させていただきます。
  3. 気象証明・鑑定の発行には手数料が必要ですので、必要分の収入印紙(政府発行のものに限ります)を購入のうえ、『証明・鑑定依頼書』と合わせてご提出(送付)下さい。なお、手数料は下記のとおりです。
  4. 『証明・鑑定依頼書』を受け付け後、1週間程度で『気象証明書・鑑定書』を発行いたします。『気象証明書・鑑定書』のお受け取りは、直接気象台まで来ていただくか、郵送でもお届けいたします。郵送をご希望される場合は、『証明・鑑定依頼書』を提出される際に郵送に必要な金額分の切手(郵送基本料金に簡易書留分の料金を加えて下さい)を貼った返信用封筒を添えて下さい。簡易書留でお送りいたします。

気象証明・鑑定のお問合わせ先

京都地方気象台 防災管理官室
〒604-8482 京都市中京区西ノ京笠殿町38
(TEL)075-841-3006

最初のページへ戻ります
京都地方気象台ホーム
h
[ホーム] [業務紹介] [気象特性] [気象証明・鑑定] [歴史] [組織] [気象データ] [リンク] [用語集] [京都地方気象台ホームページについて] [サイトマップ]