長野地方気象台では、AEDを設置しています。 [長野地方気象台 TOPページへ]

 

 AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血流を流すポンプの役割を果たせなくなる状態(心室細動)になった時、心臓に電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
 
 2004年7月より医療従事者ではない一般市民でもAEDを使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等の人が多く集まるところを中心に設置されています。

 長野地方気象台でも正面玄関にAEDを設置しています。