長野地方気象台長からのメッセージ [長野地方気象台 TOPへ]


 長野地方気象台ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。

 「平成30年7月豪雨」をはじめとした大雨、数々の台風の上陸・接近に加え、記録的猛暑にも見舞われた平成30年の夏。北海道では「平成30年北海道胆振東部地震」も発生しました。改めて、これら自然の猛威より尊い命を落とされた皆様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災され今なお不自由な生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 このような自然災害について、長野県は四方を高い山々に囲まれた内陸県のため、他の地域よりは雨風の影響を受けにくく、当然ながら高波、高潮、津波の心配はないことから、ついつい楽観視しがちではないでしょうか。しかし、今年の災害を振り返ると、普段雨の少ない地域で発生した洪水や土砂災害、内陸直下の地震に伴う広範囲の地すべりや液状化現象など、長野県にも当てはまる要素があり、実際に過去には似た事例も発生しています。決して他人事ではありません。

 ところで、このような災害が発生するような気象条件下で発表される警報などの防災気象情報は、この値を超えたら発表という数値的な発表基準があるのですが、それは全国どこでも同じ値ではないことをご存知でしょうか。実は気象庁では過去にどのくらいの大きさ・強さの気象現象があったか、それによる災害があったかなどの調査に基づいて地域ごとに異なる基準を設けています。例えば、毎年決まって大雨の降る地域では、地理的要因や社会的要因などから少々の雨では災害がおきにくく、基準が高く設定される傾向がありますし、逆に雨の少ない長野県の基準は全国的に見て低い部類です。

 この長野県内の基準は長野地方気象台が定めています。それは創設以来の調査・観測の蓄積により長野県の気象特性や地域特性を詳細に把握していることによります。そして、それらに基づき長野県のための防災気象情報を適時的確に発表することが気象台に課せられた最大の使命です。これに加え、近年の災害の傾向から明らかになっているのは、防災気象情報を、住民避難をはじめとする防災対策に確実に結びつけていくことの重要性です。そのためには地域の方々の災害に対する意識や災害時の心情も踏まえた情報発表の改善が不可欠ですので、気象台は地域の一員として自治体やマスコミの方々と連携しつつ、今後この課題に重点的に取り組んで参ります。皆様におかれましては、このように気象台が発表している防災気象情報を引き続き安全安心のためにご活用ください。よろしくお願い申し上げます。


平成30年10月 長野地方気象台長 内藤 宏人


プロフィール
長野地方気象台長の写真です。
    【 氏  名 】 内藤 宏人(ないとう ひろひと)

    【 出  身 】 岡山県

    【 生  年 】 昭和39年(1964年)

    【 職  歴 】
      平成元年4月  入庁
      平成4年4月   地震火山部地震火山業務課
      平成12年4月 札幌管区気象台技術部地震火山課主任技術専門官
      平成18年4月 仙台管区気象台技術部地震情報官
      平成23年4月 地震火山部地震予知情報課評価解析官
      平成28年4月 福井地方気象台長
      平成30年4月 現職

    【 趣  味 】 その土地の美しいもの美味しいものを探すこと

長野地方気象台のトップページへ戻る