気象観測業務・アメダスの概要 [長野地方気象台 TOPへ]

地上気象観測
 地上気象観測は、測器などを通じてさまざまな気象現象を観察する観測です。 長野地方気象台では、明治22年(1889年)から地上気象観測を続けています。 観測項目は、風向・風速、気温、露点、湿度、気圧、降水量、全天日射量、日照時間、視程、雲(量や種類)、大気現象、降雪、積雪です。 その結果は、天気予報、注意報・警報、気象情報、資料照会等に利用されます。
 ①通 風 筒 ②転倒ます型雨量計 ③感 雨 器 ④積 雪 計 ⑤接続箱 ⑥風向風速計 ⑦全天日射計 ⑧回転式日照計

生物季節観測
 生物季節観測は、植物の発芽・開花・紅葉・落葉、動物の初見等を観測し、 季節の移り変わりを知らせたり、レジャー情報として利用されています。 長野では、植物26種目、動物17種目について観測しています。


季節現象
 初霜、初氷、初雪、初冠雪を観測します。
 長野では、横手山または四阿山(あずまやさん)を対象に「東方連山」として通報を行います。

地域気象観測
(AMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System)

アメダスの外観図です。風向風速計、温度計、雨量計、日照計、積雪計があるタイプの観測所です。
 全国約1,300か所(約17km 間隔)に設置した無人の観測所で、降水量などを自動的に観測、送信するシステムで、「アメダス」の名前でお馴染みのものです。
 長野県内には45か所、このうち29か所(約21km 間隔)では降水量に加えて、風向・風速、気温、日照時間を観測しているほか、8か所では積雪の深さも観測しています。
 長野県内のアメダスを含めた気象観測所の配置図は、以下のリンクです。

 
長野県内の気象観測所配置図


長野地方気象台のトップページへ戻る