土砂災害警戒情報について

土砂災害警戒情報とは

土砂災害警戒情報は、大雨警報(土砂災害)の発表後、命に危険を及ぼす土砂災害がいつ発生してもおかしくない状況となったときに、 市町村長の避難勧告の発令判断や住民の自主避難の判断を支援するよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁が共同で発表しています。

長野県では、長野地方気象台と長野県(建設部砂防課)が「長野県土砂災害警戒情報」として共同発表します。

発表区域について

土砂災害警戒情報は原則として、市町村単位で発表しますが、長野県内では、長野市、松本市、塩尻市、伊那市、飯田市について下図・表のとおり分割して発表します。

土砂災害警戒情報が発表されたら

長野県土砂災害警戒情報は、テレビ・ラジオや自治体から防災無線やメール等で伝達されるほか、気象庁ホームページ、長野県河川砂防情報ステーション、 各都道府県の砂防部局などのホームページなどでも確認できます。

土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、特に早めの避難が重要です。

お住まいの自治体からの避難に関する情報に留意するとともに、土砂災害警戒情報を自主避難の参考にしてください。

土砂災害警戒情報が発表されたときは、対象市町村内で土砂災害発生の危険度が高まっている領域を大雨警報(土砂災害)の危険度分布でご確認ください。

周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく自主避難をお願いします。

雨が降り出したら、大雨警報や土砂災害警戒情報等の防災気象情報に注意しましょう。

土砂災害警戒情報が発表されたら、市町村が発表する避難勧告等に注意し、いつでも行動できるよう心構えましょう。

危険を感じたら自主的に避難することも重要です。

大雨警報(土砂災害)の危険度分布とは

大雨警報(土砂災害)の危険度分布は、大雨による土砂災害発生の危険度の高まりを、地図上で1km四方の領域(メッシュ)ごとに5段階に色分けして示す情報です。

常時10分毎に更新しており、大雨警報(土砂災害)や土砂災害警戒情報等が発表されたときには、大雨警報(土砂災害)の危険度分布により、どこで危険度が高まっているかを把握することができます。

特に「極めて危険」(濃い紫色)が出現した場合、土砂災害警戒区域等では、過去の重大な土砂災害発生時に匹敵する極めて危険な状況となっており、命に危険が及ぶような土砂災害がすでに発生していてもおかしくありません。 このため、避難にかかる時間を考慮して、土壌雨量指数等の2時間先までの予測値を用いて「非常に危険」(うす紫色)、「警戒」(赤色)、「注意」(黄色)、「今後の情報等に留意」(無色)の危険度を表示しています。

土砂災害警戒区域等にお住まいの方々は、可能な限り早めの避難を心がけていただき、高齢者等の方は遅くとも「警戒」(赤色:警報基準に達すると予想)が出現した時点で、一般の方は遅くとも「非常に危険」(うす紫色:土砂災害警戒情報基準に達すると予想)が出現した時点で速やかに避難を開始し、「極めて危険」(濃い紫色)に変わるまでに避難を完了しておく必要があります。

その際、周囲の状況や雨の降り方にも注意し、自治体からの避難に関する情報がなくても、危険を感じたら躊躇することなく自主避難をお願いします。

避難をしようとしたときに、激しい雨や暴風のために屋外を移動することがかえって命に危険を及ぼす状況となっているなど、どうしても避難できない場合は、頑丈な建物の2階以上の、崖や沢筋からなるべく離れた部屋に退避することも有効です。


※1大雨警報(土砂災害)の危険度分布に関わらず、自治体から避難勧告(警戒レベル4)等が発令された場合には速やかに避難行動をとってください。

※2警戒レベルについては内閣府ホームページをご覧ください。