クロスロード防災気象情報編のご案内

クロスロードとは

 クロスロード(crossroad)とは、「分かれ道」、「分岐点」のことで、そこから転じて重要な決断・判断を意味します。

 災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、「大都市大震災軽減化特別プロジェクト」(文部科学省)の一環として、チームクロスロード(矢守克也京都大学防災研究所教授、吉川肇子慶應義塾大学商学部教授、網代剛産業技術大学院大学助教)によって開発されたもので、チームクロスロードの著作物であり、商標登録されています。

 災害時には、「人数分用意できない緊急食料を配るか、配らないか」などの難しい判断(ジレンマ)を迫られることが多く、「クロスロード」では、このような災害時のジレンマを設問として、自分ならどう考えどう判断するかを参加者同士で話し合うことができ、参加者が災害対応を自らの問題としてアクティブに考えることができます。


クロスロード防災気象情報編とは

 クロスロード防災気象情報編は、愛知県内の自治体や防災活動団体等による防災啓発活動を支援することを目的に、名古屋地方気象台がチーム クロスロードと覚書を締結したうえで作成したものです。警報等の防災気象情報が発表されたときのジレンマを感じるような防災対応場面を設問にしています。ゲームを通して、楽しみながら、防災気象情報に関する知識や防災対応の判断力などの向上につなげていただければ幸いです。


クロスロード防災気象情報編をご利用いただくには【愛知県内の皆様向け】

 愛知県内の自治体や防災活動団体等が、クロスロード防災気象情報編を研修等でご利用いただくには、主に、以下の3つの方法があります。


(1)CDの提供

 実施上の留意事項等を説明させていただいた上で、クロスロード防災気象情報編を収録したCDを提供します。



(2)講師の紹介

 クロスロード防災気象情報編を進行できる講師や団体をご紹介します。



(3)講師派遣

 名古屋地方気象台から講師を派遣します。



それぞれの条件や手続等については、以下のお問い合わせ先にお尋ねください。
  名古屋地方気象台 防災担当
  受付時間:平日 09:30~12:00 / 13:00~16:30
  電話番号:052-751-5124
  FAX番号:052-752-3357


クロスロード防災気象情報編をご利用いただくには【愛知県以外の皆様向け】

 各都道府県の気象台にご相談ください。

  各地の気象台・施設等機関



参考リンク集

 ・内閣府ホームページ