ポケット版リーフレット「スマホでわかる!気象災害から命を守ろう!!」

概要

気象災害から自分や大切な人の命を守るため、「危険度分布」や「雨雲の動き」などの情報をぜひ活用してください!

「危険度分布」は、土砂災害や浸水害、洪水害の危険度がどこで高まっているかを「地図上の色」で把握することが出来ます。 薄い紫色になった場所は危険度が高まっているため離れる、近づかないなど、早め早めの安全確保行動をとってください。

気象台では、スマートフォンなどから手軽にアクセスできるコードを掲載したポケットサイズのリーフレットを作成しました。 ポケット版リーフレットは、以下のリンクからダウンロードし、作成方法をご参照の上ご利用ください。

また、このリーフレットはご自由に配布していただけます。

どんなところにいる人が避難行動をとったらいいの?

土砂災害や洪水害のリスクがある地域は、自治体等がハザードマップを作成し、インターネットで公表しています。

平時から、このハザードマップを確認し、自分の住んでいる場所が、どのような災害リスクを持っているか確認してください。

ハザードマップで災害リスクのある所に住んでいる方は、危険度分布で薄紫が出たら、自治体の避難情報を確認し、安全確保行動をとってください。

(ハザードマップのリンク)

危険度分布とは

これまでに降った雨や、今後の雨の予想から、どこで災害が発生する危険度が高まっているのかを地図上で示したものです。

大雨危険度通知について

気象庁が発表している危険度分布や、気象警報・注意報、土砂災害警戒情報、指定河川洪水予報などから、市町村毎の最大危険度を民間事業者の開発したスマートフォンアプリやメール配信サービスで提供するものです。

ご自身の住んでいる市町村の危険度を、大雨危険度通知で受け取り、これをきっかけとして危険度分布を確認していただくことで、いち早く危険度の高まりに気づくことができます。

ご自身のお住まいの地区に災害の危険度が高まっている場合は、気象警報や自治体の避難情報を確認し、安全確保行動をとってください。

また、ご自身だけでなく、ご家族・親戚・友人など、あなたの大切な人のお住まいの市町村を大雨危険度通知サービスで登録することも可能です。

大切な人の地域の災害危険度が高まっている場合に、避難を呼びかけることにも活用いただけます。

お問い合わせ先:大阪管区気象台気象防災部予報課(防災係) Tel 06-6949-6303