台長からのメッセージ

佐賀地方気象台長 栗野純造の写真

佐賀地方気象台長 栗野純造

佐賀地方気象台のホームページをご利用いただき、ありがとうございます。

気象庁ホームページは、昨年2月のリニューアルにより、お住まいの町の情報をまとめて表示できるようになり、スマートフォンでの操作性も向上しました。

皆様の身近にある気象情報ですが、「自分の身は自分で守る」という意識を持っていただくことが地域の防災力を向上させることにつながります。そのためには、気象情報を自ら取得するということを心がけいただくことが近道かと思います。例えば、毎日の生活の中で雨がいつ頃から降り出しそうか確認するなど普段使いして慣れておくと、大雨等で災害が身近になった時、自分の命(家族を含めた周りの人の命)を守る情報として活用することができます。是非、ホームページの確認を習慣づけていただければと思います。

佐賀県は、美しい山、平野、川、海に恵まれ、自然豊かな地勢ですが、一方で様々な自然災害が発生する可能性が高い県でもあります。記憶に新しいところでは、平成30年7月豪雨、令和元年の佐賀豪雨、令和2年7月豪雨、令和3年8月の豪雨と4年連続で大雨特別警報を発表し、甚大な被害が発生しています。台風災害や竜巻災害も数多く発生しており、平成17年の福岡県西方沖の地震では震度6弱、平成28年の熊本地震では震度5強を佐賀県内でも観測しました。

これらの様々な自然災害に対し、佐賀地方気象台は職員一丸となって防災・減災に向けて努力して参ります。平時には生活情報としての気象情報を提供し、災害の危険性が高まったときには、県や市町などの防災関係機関や報道機関等と連携を密にして、県民の皆様の安全が確保できるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

令和4年4月 佐賀地方気象台長 栗野 純造(くりの じゅんぞう)