ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 防災教育 > WEB版防災ハンドブック  > 地域防災計画や避難勧告等の判断・伝達マニュアル等の策定・修正支援

地域防災計画や避難勧告等の判断・伝達マニュアル等の策定・修正支援

各市町村におかれましては、地域防災計画を策定し適切な防災活動が行なわれていることと思います。
また北海道から道内市町村に示された避難勧告等の判断・伝達マニュアルひな形に沿って各市町村において策定・修正されていることと思います。
これらの策定や修正に際し、以下の項目等について支援協力いたしますので、お近くの気象台まで御連絡下さい。 各地の気象台連絡先

気象台ができる主な支援

各種防災気象情報と想定される市町村の対応

以下の表は、気象庁が発表(共同発表を含む)する情報と想定される市町村の防災対応をイメージしたものです。避難勧告等の具体的な基準を策定する場合は、地元気象台からどのような情報が、どのような時に出され、どのような意味を持つのかご理解いただくことが重要と考えます。策定等にあたり不明な点等ございましたら、お近くの気象台までお問合わせ下さい。
防災情報と市町村・住民の対応
想定される防災対応と住民行動大雨による土砂災害大雨による浸水害洪水害高潮害津波火山
避難指示(緊急)氾濫発生情報
(洪水予報)
(指定河川ごと)
津波警報
(津波予報区ごと)
噴火警戒レベル5又は噴火警報(居住地域)※2
(火山ごと 市町村明示)
避難勧告土砂災害
警戒情報
(市町村ごと)
氾濫危険情報
(洪水予報)
(指定河川ごと)
高潮警報 ※1
(市町村ごと)
避難準備・高齢者等避難開始
大雨警報
(土砂災害)
(市町村ごと)
大雨警報(浸水害)
(市町村ごと)
洪水警報
(市町村ごと)
氾濫警戒情報
(洪水予報)
(指定河川ごと)
噴火警戒レベル4
又は
噴火警報(居住地域)※2
(火山ごと 市町村明示)
防災体制の立上げなど大雨注意報
(市町村ごと)
大雨注意報
(市町村ごと)
洪水注意報
(市町村ごと)
氾濫注意情報
(洪水予報)
(指定河川ごと)
高潮注意報
(市町村ごと)
※実際の発令にあたっては、河川の状況や気象状況、避難行動の難易度(夜間や暴風の中での避難)等を含め総合的な判断となることが想定されます。
※局地的な大雨も含めて「大雨災害における避難のあり方等検討会報告書 別サイトへのリンクです。」(平成22年3月)の提言も踏まえた防災対応を検討して下さい。
※1高潮の場合は、台風の接近に伴い風雨が強まり避難が困難になる場合が多いことから、避難準備情報の基準をみたした時点で、避難勧告を検討することが望ましい。
※2噴火警戒レベルが導入されている場合は、レベルにより対応し、導入されていない場合は、噴火警報(居住地域)で避難準備を呼びかけ、事態が切迫していると判断される場合には避難指示・避難勧告等を発令することが望ましい。

警報等基準一覧

地域防災計画に警報等基準を掲載する場合は、以下のページを参照願います。

防災訓練時の支援

自治体等の防災機関が防災訓練を行う際に、気象台では以下のようなことを行うことができます。

参考リンク

内閣府

総務省消防庁

自治体への支援(荒れた天気の時等)へ

注)末尾に気象庁ホームページへのリンクのアイコンが付加されているものは気象庁ホームページ(https://www.jma.go.jp/)内のページへのリンクです。
また別へのリンクホームページアイコンが付加されているものは外部のホームページへのリンクです。リンク先の内容については、それぞれの制作元にお問い合わせください。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。