ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 防災教育 > WEB版防災ハンドブック  > 避難勧告等の判断に対する支援

避難勧告等の判断に対する支援

実際に大雨等が予想される場合には、気象台では警報などを発表します。また、地震発生時には地震情報、地震により津波が予想される場合には津波予報などを発表します。これらの防災情報を関係機関の防災活動に活用していただけるように、以下のようなことを取り組んでいます。

説明会の実施

北海道に台風が接近するような、広範囲に重大な災害が予想される場合には、事前に防災関係機関に対する「説明会」を実施します。 また、大規模な地震発生時や津波予報を発表した際にも「説明会」を実施します。
 なお、遠方などにより説明会に参加できない自治体等のために、説明会の録画ファイルを公開します。

警報・府県気象情報の活用


 防災気象情報の利用気象庁ホームページのリンクのアイコン

各種防災情報は、気象庁ホームページや市町村の防災担当の方々は防災情報提供システムにより確認できます。
各種防災情報の説明は、防災担当者のためのページ目次『知識編』において解説をしています。
また、荒れた天気の時に監視するものは、同ページの『実況監視(リアルタイム情報)編』から確認できます。

災害応急復旧活動への支援

支援資料の提供

災害時の防災機関の応急復旧活動等を支援するため、被災地周辺の気象予測や防災上の留意事項等を記載した支援資料を提供します。

自治体への支援(平時)へ

注)末尾に気象庁ホームページへのリンクのアイコンが付加されているものは気象庁ホームページ(https://www.jma.go.jp/)内のページへのリンクです。
また別へのリンクホームページアイコンが付加されているものは外部のホームページへのリンクです。リンク先の内容については、それぞれの制作元にお問い合わせください。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。