ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 防災教育 > 防災豆知識 > アメダスとは?

タイトル

アメダスという名称について

アメダス(AMeDAS)は、無人で気象を観測し、電話回線で自動的に観測データを送るシステムです。正式には「地域気象観測システム」といいます。「アメダス」は英語名の下記の頭文字を略した呼び名です。
Automated (オウトメイティド)自動に
Meteorological (メトオロロジカル)気象の
Data (データー) 資料を
Acquisition (アクイジション) 集める
System (システム) 装置

下図は、「恵庭島松のアメダス観測所」です。

恵庭島松のアメダス観測所写真

道内のアメダス設置地点

アメダスは全国に約1300地点に設置され、北海道内には218地点(2005年1月現在)に観測所があります。
気象官署22官署
四要素(降水量・気温・風向風速・日照時間)140地点
雨量観測所(有線)38地点
雨量観測所(無線)18地点
積雪深計(上記観測所に併設)105地点

道内のアメダス設置地点
Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。