ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 防災教育 > 防災豆知識 > 潮位データの監視と利用

潮位データの監視と利用

データの監視と利用

札幌管区内の検潮所位置図


気象庁本庁では、気象庁の全国およそ70ヵ所の検潮所の観測データのほか、他機関の協力を得て数多くのデータを収集しています。

収集したデータは、潮位の監視に利用されます。

特に、高潮や異常潮位の監視については、あらかじめ設定された基準値を超えた場合、異常発生を自動通報するシステムが稼動します。

気象庁と海上保安庁等が観測している検潮所のデータに関しては、気象庁ホームページの「潮位観測情報」気象庁ホームページのリンクのアイコンにて、リアルタイムで一般に公開しています。

また、観測結果のとりまとめ・解析も行っており、その結果は気象庁ホームページで公開されているほか、潮位表を作成する基礎資料にもなっています。


 

注)末尾に気象庁ホームページへのリンクのアイコンが付加されているものは気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/)内のページへのリンクです。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。