サイトマップ
ホーム
業務内容

観測・予報・解説
証明・鑑定
講師派遣
入札情報

航空気象

一般知識
気象特性

その他

ホームページについて
サイトマップ

リンク
ホーム > 測候所紹介

仙台航空測候所は、飛行場予報などの気象情報を航空関係者に提供し、航空機の安全な運航を支援しています。

庁舎写真

組織

仙台航空測候所は、気象庁の組織で、仙台空港に設置されています。

組織図

仙台航空測候所
所 長 渡邊 好範
次 長 高橋 浩之
業務管理官 佐藤 義美
観測予報管理官 岩渕 佳文

沿革

昭和27年3月1日
民間航空再開に伴い松島飛行場(東松島市)に松島航空測候所として新設
昭和32年3月16日
仙台航空測候所と改称し、仙台飛行場(名取郡岩沼町下野郷字北長沼4)に移転
昭和32年4月15日
航空気象観測業務開始
昭和33年12月12日
航空気象予報業務開始
昭和46年7月1日
B滑走路供用開始に伴い庁舎移転(名取市下増田字南原)
平成2年4月6日
国際定期便(仙台-ソウル)運航開始に伴い第1種飛行場予報開始
平成4年12月18日
B滑走路 2,500mに延長
平成7年3月20日
空港気象常時監視通報装置運用開始
平成10年3月26日
B滑走路 3,000mに延長
平成11年3月3日
現庁舎へ移転
平成13年1月6日
省庁再編により、運輸省から国土交通省へ移行
平成18年4月1日
東北地方の地域航空官署となり総務課と観測予報課を設置。福島空港の遠隔予報開始
平成18年4月13日
青森空港、秋田空港の遠隔予報開始
平成20年3月1日
三沢飛行場における航空気象情報提供業務を、三沢空港出張所から仙台航空測候所へ移管
平成20年4月1日
三沢空港出張所を廃止
平成21年3月31日
大館能代空港出張所を廃止
平成21年4月1日
大館能代航空気象観測所を設置
平成27年4月1日
花巻・山形・庄内・福島各空港に航空気象観測所を設置
平成27年4月10日
花巻・山形・庄内・福島各空港出張所を廃止
平成28年4月1日
青森・秋田各空港出張所を廃止し、航空気象観測所を設置
平成31年4月1日
管理管制への移行に伴い、総務課長を業務管理官に、観測予報課長を観測予報管理官に名称変更
令和元年8月15日
花巻空港の遠隔予報開始

仙台航空測候所へのアクセス

【広域図】
 仙台駅から仙台空港アクセス鉄道で約25分
 仙台空港ICから車で約5分
案内図

【空港内詳細図】
 仙台航空測候所は東京航空局仙台空港事務所庁舎3階です。
 車で来所される場合は、仙台空港内のロータリーに入り、
 「業務車両」用道路を進んでください。「一般車両」用道路ではありません。
案内図