仙台管区気象台長からのメッセージ

仙台管区気象台長の写真

 みなさま、いつも仙台管区気象台ホームページをご利用いただき、ありがとうございます。

 東北地方は、四季折々の美しい自然に恵まれています。一方で、ときに自然は、台風や豪雨、地震、火山噴火などの災害をもたらします。

 東北地方を管轄する仙台管区気象台は、青森、岩手、秋田、山形、福島の各県に地方気象台、仙台空港に航空測候所を置き、自然現象を24時間体制で監視し、気象、地震・津波、火山活動などに関する情報をお届けしています。

 気象台では、最先端の科学技術を駆使して、これら諸現象の監視・予測の技術力を高め、的確でわかりやすい防災情報の提供に努めるとともに、地域における自然災害に対する防災力を高めるため、県、市町村、関係機関と連携して、様々な取り組みも進めています。

 仙台管区気象台では、今後とも管内職員一丸となって、東北地方の住民のみなさまと東北地方を訪れるみなさまを守るため、防災に一層貢献して参ります。


平成31年4月24日

仙台管区気象台長 山里 平


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。