トピック

災害時気象資料(気象速報・農業気象災害速報・現地災害調査報告)

県内へ影響を及ぼした期間・名称 要因 現象 被害内容 気象概況、災害時気象資料
2021/6/30~7/4 前線 大雨 土砂災害等 6月30日から7月4日にかけて、本州付近に停滞した梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだため大気の状態が不安定となり、断続的に雨となった。静岡県では、2日夜遅くから3日朝にかけて、遠州北、中部、東部、伊豆北の広い範囲で非常に激しい雨となり、伊豆市天城山で571.0ミリとなった。熱海市伊豆山地区において7月3日10時30分頃、土石流が発生し長さ1㎞、最大幅120mにわたる範囲が被災した。
令和3年6月30日~7月4日の大雨に関する静岡県気象速報[PDF]
2021/5/1 不安定 突風 住家の屋根の損壊 5月1日、日本海中部に前線を伴った発達中の低気圧があって東北東に進んでいた。また、静岡県の上空約5500メートルには、氷点下18度以下の寒気が流入していた影響で、大気の状態が非常に不安定となり、活発な積乱雲が発生した。静岡県菊川市から牧之原市で突風が発生した時間帯には、活発な積乱雲が通過中であった。
現地災害調査報告~令和3年5月1日に静岡県菊川市から牧之原市にかけて発生した突風について~[PDF]