メニューを飛ばして本文へジャンプします。
高松地方気象台ホームページ
ホーム > 四国地方の気候 > 気候の変動をみる
四国地方の気候の変動をみる
「さくらの開花日」の長期的な変化

気象庁では、植物の開花、満開、紅(黄)葉や動物の初見、初鳴などを観測しています(生物季節観測)。 生物季節観測は、生物に及ぼす気象の影響を知るとともに、その結果から季節の遅れ進みや気候の違い・変化など総合的な気象状況の推移を知ることを目的としています。

  • 全国の「さくらの開花日」は、10年あたり1.0日の変化率で早くなっています。
  • 「さくらの開花日」が早まる傾向は、これらの現象が発生する時期における長期的な気温上昇の影響が考えられます。
  
「さくらの開花日」の長期的な変化(四国地方)
  • 四国地方の「さくらの開花日」は、早まっています。
棒グラフは各年の平年日からの偏差、青い線は偏差の5年移動平均、赤い直線は長期変化傾向を示しています。
さくらの開花日のグラフ
四国地方における「さくら開花日」の経年変化(1953~2018)

松山高松高知徳島
さくらの平年の開花日3月25日3月28日3月22日3月28日
統計期間1981-20101981-20101981-20101981-2010
このページのトップへ
(平成28年7月掲載)
(平成31年2月掲載)
ホーム > 四国地方の気候 > 気候の変動をみる
Copyright(C)2011 高松地方気象台 All Rights Reserved. 著作権・リンク・個人情報保護利用上の注意(免責事項)