メニューを飛ばして本文へジャンプします。
高松地方気象台ホームページ
ホーム > 四国の気候変動 > 気候の変動をみる
四国地方の気候の変動をみる
気温の長期的な変化

日本の平均気温は、1898年(明治31年)以降では100年あたり1.21℃(統計期間:1898~2018年)の割合で上昇しています。特に、1990年代以降、高温となる年が頻繁にあらわれています。 日本の気温上昇が世界の平均(100年あたり0.73℃、統計期間:1891~2018年)に比べて大きいのは、日本が、地球温暖化による気温の上昇率が比較的大きい北半球の中緯度に位置しているためと考えられます。

 
年平均気温の長期的な変化(四国地方)
  • 四国地方で長期間の観測を行っている観測所(松山、多度津、高知、徳島)について、基準値(1981~2010年の平均値)との差の経年変化を示します。
  • 1940年代半ばまでは低く経過しましたが、1940年代後半から昇温し、1960年前後を中心とした高温、その後の1970年代前後及び1980年代前半の比較的低温の時期を経て、1980年代後半以降昇温し、高温が続いています。
  • 特に、1990年代以降、顕著な高温となった年が多くなりました。
棒グラフは各年の基準値(1981-2010年の30年平均値)からの偏差、青い折れ線は偏差の5年移動平均、
赤い直線は長期変化傾向を示しています。

年平均気温のグラフ
四国地方における年平均気温の経年変化(1898~2018)

1981~2010年の平均値松山多度津高知徳島
年平均気温16.5℃16.2℃17.0℃16.6℃
このページのトップへ
季節別の平均気温の長期的な変化(四国地方)
  • 季節別の平均気温も四季すべてで長期的に有意な上昇を示しています。
  • 春(3月~5月)と秋(9月~11月)の上昇が大きいです。
棒グラフは各年の基準値(1981-2010年の30年平均値)からの偏差、青い折れ線は偏差の5年移動平均、
赤い直線は長期変化傾向を示しています。

春平均気温のグラフ
四国地方における春(3月~5月)平均気温の経年変化(1898~2018)

1981~2010年の平均値松山多度津高知徳島
春平均気温14.3℃13.8℃15.4℃14.5℃
夏平均気温のグラフ
四国地方における夏(6月~8月)平均気温の経年変化(1898~2018)

1981~2010年の平均値松山多度津高知徳島
夏平均気温25.8℃25.7℃25.7℃25.7℃
秋平均気温のグラフ
四国地方における秋(9月~11月)平均気温の経年変化(1898~2018)

1981~2010年の平均値松山多度津高知徳島
秋平均気温18.8℃18.7℃19.3℃19.0℃
冬平均気温のグラフ
四国地方における冬(12月~2月)平均気温の経年変化(1898~2018)

1981~2010年の平均値松山多度津高知徳島
冬平均気温6.9℃6.8℃7.4℃7.0℃

このページのトップへ

(平成28年7月掲載)
(平成31年2月更新)
ホーム > 四国地方の気候変動 > 気候の変動をみる
Copyright(C)2011 高松地方気象台 All Rights Reserved. 著作権・リンク・個人情報保護利用上の注意(免責事項)