防災気象情報と警戒レベルとの対応に関するページ

~5段階の警戒レベルを明記した防災気象情報についての解説~


 2018年7月に起きた豪雨災害を教訓として、「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府(防災担当))が2019年3月に改定され、住民は「自らの命は自ら守る」意識を持ち、行政機関は「住民自らが避難行動に移せるように全力で支援を行う」ことの方針が示されました。
 この方針に沿って自治体や気象庁等から発表される防災情報を用いて住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくなるよう、住民が取るべき行動を5段階に分け、防災情報と行動との対応を明確にするため、新たに警戒レベルが導入され様々な防災気象情報と警戒レベルを明確にし住民の自発的な避難判断等を支援します。



警戒レベルとは?
 住民等が取るべき行動と行動を促す情報を関連付けるものです。
 警戒レベルを用いて、出された情報から行動を直感的にわかるよう伝達します。

警戒レベル 行政機関から発表される主な情報 取るべき行動 情報の発表元
警戒レベル1 早期注意情報(警報級の可能性) 災害への心構えを高める 気象庁
警戒レベル2 大雨注意報、洪水注意報、高潮注意報 自らの避難行動を確認 気象庁
警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始 避難の準備開始
避難に時間を要する方、高齢者等は避難
各区市町村
警戒レベル4 避難勧告、避難指示(緊急) 速やかに避難 各区市町村
警戒レベル5 災害発生情報 命を守るために最善の行動を 各区市町村


防災気象情報をもとに取るべき行動について
 市町村から避難勧告(警戒レベル4)避難準備・高齢者等避難開始(警戒レベル3)等が発令された際には速やかに避難行動をとってください。一方で、多くの場合、防災気象情報は市町村が発令する避難勧告等よりも先に発表されます。このため、避難が必要とされる警戒レベル4や高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当する防災気象情報が発表された際には、避難勧告等が発令されていなくても危険度分布河川の水位情報を用いて自ら避難の判断をしてください。

警戒レベル1
発表された情報 早期注意情報(警報級の可能性)
「大雨」について、明日までの期間に「高」または「中」の表示。
何をすればいいの?
  • 最新の防災気象情報に留意し、災害への心構えを高めましょう。

  • 警戒レベル2
    発表された情報 大雨注意報(土砂災害) 洪水注意報 高潮注意報
    何をすればいいの?
  • ハザードマップ等で災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認しましょう。
  • 避難行動の確認を行いましょう。

  • 警戒レベル2相当
    災害の種類 土砂災害 洪水
    発表された情報
  • 大雨警報(土砂災害)の危険度分布」で注意(黄色)の表示
  • 水位が周知されている河川の「氾濫注意情報
  • 水位情報がない河川の「洪水警報の危険度分布」で”注意(黄色)”の表示
  • 何をすればいいの?
  • 自ら「警戒レベル2」の行動を取る際の判断の参考としましょう。

  • 警戒レベル3
    市町村が発令した勧告・指示等 避難準備・高齢者等避難開始
    避難に関すること
  • 高齢者等の方は立退き避難しましょう。それ以外の方も避難の準備をし、自発的に避難しましょう。
  • 避難をする際は周りの状況をよく確認し、危険な場所には立ち寄らないようにしましょう。

  • 警戒レベル3相当
    災害の種類 土砂災害 洪水 高潮
    発表された情報
  • 大雨警報(土砂災害)
  • 大雨警報(土砂災害)の危険度分布」で赤色(警戒)の表示
  • 洪水警報
  • 水位が周知されている河川の「氾濫警戒情報
  • 水位情報がない河川の「洪水警報の危険度分布」で”赤色(警戒)”の表示
  • 高潮警報の発表に言及している注意報
  • 何をすればいいの?
  • 市町村から発表される避難情報に留意しましょう。
  • 危険度分布や河川の水位情報等をこまめに確認しましょう。
  • 自ら「警戒レベル3」の行動を取る際の判断の参考としましょう。

  • 警戒レベル4
    市町村が発令した勧告・指示等 避難勧告 避難指示(緊急)
    避難に関すること
  • 指定された緊急避難場所への立退き避難をしましょう。
  • 災害が発生するおそれが極めて高い状況です。速やかに避難しましょう。
  • 避難をする際は周りの状況をよく確認し、危険な場所には立ち寄らないようにしましょう。
  • 避難所への移動が難しい場合には、崖から遠く離れた部屋や2階以上の部屋へ避難しましょう。

  • 警戒レベル4相当
    災害の種類 土砂災害 洪水 高潮
    発表された情報
  • 土砂災害警戒情報
  • 大雨警報(土砂災害)の危険度分布」で”うす紫(非常に危険)”または”濃い紫(極めて危険)”の表示
  • 水位が周知されている河川の「氾濫危険情報
  • 水位情報がない河川の「洪水警報の危険度分布」で”うす紫(非常に危険)”または”濃い紫(極めて危険)”の表示
  • 高潮警報
  • 高潮特別警報
  • 何をすればいいの?
  • 市町村から発表される避難情報に留意しましょう。
  • 危険度分布や河川の水位情報等をこまめに確認しましょう。
  • 自ら「警戒レベル4」の行動を取る際の判断の参考としましょう。

  • 警戒レベル5
    市町村が発令した勧告・指示等 災害発生情報
    避難に関すること
  • 災害がすでに発生しており、命を守るための最善の行動をとりましょう。

  • 警戒レベル5相当
    災害の種類 土砂災害 洪水
    発表された情報 大雨特別警報 水位が周知されている河川の「氾濫発生情報
    何をすればいいの?
  • 命を守るための最善の行動をとりましょう。







  • 防災気象情報と警戒レベルとの対応に関する質問について

     防災気象情報と警戒レベルの対応に関する素朴な疑問にお答えします。

    Q1:どうして、警戒レベルが導入されることになったの?
    2018年7月に起きた豪雨災害では、様々な防災情報が発信されていましたが、多くの住民が活用できない状況でした。そのため、住民の方が防災情報の意味や取るべき行動を直感的に理解できるようにするため、市町村や気象庁等から発表される防災情報を5段階の警戒レベルを設けて提供することになりました。
    Q2:警戒レベルって誰が発令、発表するの?
    警戒レベル1~2については、気象庁が行います。警戒レベル3以上は、市町村が行います。
    Q3:どうして「相当」がついているの?「相当」がついているものとついていないものの違いは何?
    住民に避難を促す情報として、気象庁が発表する警戒レベル1~2の防災気象情報や各区市町村から発表される警戒レベル3~5の避難情報には「相当」という言葉はついていません。一方、住民自らが行動を取る際の参考となる情報として、気象庁や神奈川県と共同発表する防災気象情報には「相当」という言葉を追記して表現しています。
    Q4:警戒レベルは水害と土砂災害が対象なの?
    警戒レベルは、土砂災害、洪水や高潮等の水害を対象としています。
    Q5:大雨警報(浸水害)の警戒レベルはいくつなの?
    住宅地や道路等の浸水については、大雨による浸水だけではなく、中小規模の河川の洪水による浸水等、複数の要因が関係しています。そのため、大雨警報(浸水害)には警戒レベルを設けていません。
    Q6:早期注意情報(警報級の可能性)で明後日以降に「中」がついてるけど、警戒レベル1にはならないの?
    明後日以降については、今後の予想により変わってくる可能性もあるため、「中」がついていても警戒レベル1とはなりません。ただ、時間が経過して、明日までの期間に「中」がつくようであれば警戒レベル1として心構えを高めていく必要があります。
    Q7:インターネットにつながらない場合は、注意報や警報等はどうやって確認をすればいいの?
    テレビやラジオ、電話等でも確認できます。テレビのニュースで県内や全国の状況を確認できますし、データ放送では、気象庁が発表している注意報・警報や各区市町村が発令している避難情報等も確認することができます。日頃からチェックをしておくようにしてください。お住まいの地域の防災無線放送にも留意してください。また、すでに災害が発生した場合は、あらゆる手段を通じて情報取得に努めてください。
    Q8:避難とは避難所に行くことなの?
    指定された避難所に行くことだけではありません。状況に応じて、近隣の安全な場所や建物に避難したり、外への避難が難しい場合には、崖から離れた部屋や2階以上に避難するなど、安全を確保するようにして下さい。


    ↓より詳細を知りたい方、チラシを印刷したい方は以下のページへ進んでください。↓
     防災気象情報と警戒レベルの対応について
     (気象庁ホームページ)
     避難勧告等に関するガイドラインの改定
     (内閣府防災のページ)




    警戒レベルを記載した危険度分布


    大雨(土砂災害)・洪水の危険度分布に警戒レベルが追加されました。
     大雨(土砂災害)の危険度分布
     (気象庁のホームページ)
     洪水の危険度分布
     (気象庁のホームページ)



    避難の判断に必要な情報のまとめ


    土砂災害
     大雨(土砂災害)の危険度分布
     (気象庁のホームページ)
     神奈川県の土砂災害ハザードマップ
     (神奈川県のホームページ)
     土砂災害警戒情報の発表状況
     (気象庁のホームページ)
    洪水害
     洪水の危険度分布
     (気象庁のホームページ)
     神奈川県の洪水ハザードマップ
     (神奈川県のホームページ)
     神奈川県の河川の水位
     (国土交通省のホームページ)
     指定河川洪水予報の発表状況
     (気象庁のホームページ)
    浸水害
     大雨(浸水害)の危険度分布
     (気象庁のホームページ)
    高潮害
     東京湾沿岸における高潮浸水想定区域
     (神奈川県のホームページ)
    その他(全般的な事)
     注意報・警報の発表状況
     (気象庁のホームページ)
     神奈川県の府県気象情報
     (気象庁のホームページ)
     台風情報
     (気象庁のホームページ)


    「危険度分布」等が示す危険度の変化を、メールやスマホアプリで伝えるプッシュ型の通知サービスがあります。
    大雨時に速やかに避難が必要とされる警戒レベル4に相当する「危険度分布」の「非常に危険(うす紫)」など、大雨災害の危険度の高まりがメールやスマホアプリで通知されますので、避難勧告等の発令を担う自治体の皆様や、地域の防災リーダー、国民の皆様におかれましてもぜひご活用ください。詳細は、以下のリンクを参照ください。 (この通知サービスは、住民の主体的な避難判断を支援するための取り組みの一環です。)
    (詳細はこちら)

  • アールシーソリューション株式会社(2020年春より提供開始予定)
  • ゲヒルン株式会社(2019年9月1日より提供開始)
  • 株式会社島津ビジネスシステムズ(2019年8月1日より提供開始)
  • 日本気象株式会社(2019年7月10日より提供開始)
  • ヤフー株式会社(Yahoo!JAPAN)(2019年7月10日より提供開始)


  • ページTOPへ戻る

    【本ページに関しての問い合わせ先】
    横浜地方気象台 防災担当
    電話:045-621-1999

    【戻る】