青森県の天気出現率


青森地方気象台で観測を行っている天気について、過去30年の観測データをもとに天気出現率を求めました。

観測地点・・・青森市 【青森地方気象台】

統計期間・・・ 1981年1月1日~2010年12月31日の30年間の統計です。 (※2月29日は観測年数が少ないため統計しません。)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
※ご覧になりたい月をクリックすると、日別の天気出現率(表・グラフ)が別のウィンドウで表示されます。
表内には、参考として日別の最高気温、最低気温の平年値も掲載しております。
東北地方の県庁所在地の天気出現率
東北地方の天気出現率(仙台管区気象台作成)別のウィンドウが開きます
天気の分類 1.雪、みぞれ、霧雪、細氷、ふぶきのいずれかが観測されたとき ⇒ 雪
2.日降水量が1ミリ以上ある ⇒ 雨
3.日平均雲量が8.5以上ある ⇒ 曇
4.日平均雲量が8.5未満である ⇒ 晴
として計算を行いました。

優先度は1~4の順です。

日平均雲量が8.5未満でも日降水量が1ミリ以上であれば、その日は雨としています。
特別地域気象観測所(旧八戸、深浦、むつ測候所)の天気出現率について
測候所の無人化に伴い、目視による天気の観測を行わなくなったため統計を終了しました。
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。