2006年9月の竜巻 <<災害をもたらした気象事例

【気象概況】非常に強い台風第13号は、 9月17日午前9時には枕崎市の西南西約250kmの東シナ海海上にあって、 強い勢力を維持したまま35km/hの速さで北北東、九州へ向け進んでいた。
 この台風の北上接近に伴い、九州東岸には南東よりの風の強まりとともに、 台風を取り囲む強く発達した雨雲がかかりはじめ、これと歩調を合わせるように、 宮崎県では日南市で12時10分頃、宮崎市で12時30分頃、日向市で13時30分頃、 延岡市で14時07分頃、また大分県でも臼杵市ならびに大分市で15時過ぎ頃、 突風災害が次々と発生した。(太字の発生地点では現地調査の結果、竜巻と断定された)
 特に、宮崎県延岡市での被害は死者3名を出し、 九州での竜巻による被害としては過去最大級のものとなった。
 いずれの場所でも、被害が発生した時点での台風中心までの距離は300km程度と遠く、 台風の暴風域には入っていない。台風を原因とする過去の竜巻事例では、 台風中心から100~300kmの範囲での発生が多く、今回の竜巻もその一例となる。


横転した日豊線の列車(延岡市)

【被害状況】藤田スケール(竜巻の規模を表す数値:Fと略す)で F2(風速50~69m/s)と推定された延岡市の被害は、 F1(33~49m/s)と推定された日向市、日南市の被害に比べて極めて大きい。 なお、日向市の被害は二カ所の被害を合計したものである。

被災地 人的被害(人) 家屋被害(棟)
死者 重症 負傷 全壊 大規模半壊 半壊 一部損壊
延岡市 3 3 140 116 82 262 945
日向市   1 6 1   10 26
日南市     1 1     5

電力関係(九州電力調べ)
被災地 調査日時 停電戸数(戸)
延岡市 17日19時現在 11400
日南市 17日14時現在 100
日向市   なし
 
電話関係(NTT宮崎支店調べ)
被災地 故障件数(件)
延岡市 485
台風による障害を含む


竜巻の経路・被害範囲 延岡市


竜巻(油津海上保安部撮影) 日南市


倒壊した墓石 延岡市


倒壊した家屋 延岡市


【補足】2006年は、この延岡市に加え、 11月には北海道佐呂間町で9名もの死者を出す甚大な竜巻災害が起こりました。 このことを踏まえ、気象庁では、気象ドップラーレーダー (通常の降水強度の他に電波のドップラー効果を利用して風を求める気象レーダー) の全国展開を緊急に進め監視体制を強化するとともに、 今後、突風等の発生の可能性を10分刻みで1時間先まで予測する突風等短時間予測情報の発表を 行うことを計画しています。

<<災害をもたらした気象事例
Copyright(c) 2006 Fukuoka District Meteorological Observatory ALL RIGHT RESERVED