高層気象観測(GPSゾンデ観測)

高層気象観測とは

毎日2回、気球にラジオゾンデ(気象観測器)を吊り下げて飛揚し、大気中の気圧、気温、湿度、風向、風速、高度を観測しています。これを高層気象観測と言います。高層気象台では、GPSゾンデと呼ばれる気象観測器を使用しています。

高層気象観測は世界各国の約800か所で行っており、世界中の全ての場所で同時刻(日本では9時と21時)に観測をしています。このほか、台風接近時などには臨時に観測を行うことがあります。

GPSゾンデ放球時の様子

GPSゾンデ放球時の様子

iMS-100型GPSゾンデについて

iMS-100型GPSゾンデは、気温センサ、湿度センサ、GPSアンテナ、電子基板などで構成されています。

iMS-100型GPSゾンデの性能
要素測定方法
気温 サーミスタを使用
湿度 静電容量湿度センサを使用
風向 GPS信号から算出
風速 GPS信号から算出
高度 GPS信号から算出
気圧 気温・高度から算出
iMS-100型GPSゾンデの写真

iMS-100型GPSゾンデ

RS92-SGP型GPSゾンデについて

RS92-SGP型GPSゾンデは、気圧センサ、気温センサ、湿度センサ、GPSアンテナ、電子基板などで構成されています。

RS92-SGP型GPSゾンデの性能
要素測定方法
気温 静電容量式ワイヤ温度計を使用
湿度 薄膜静電容量式加熱2センサ湿度計を使用
風向 GPS信号から算出
風速 GPS信号から算出
高度 気圧・気温・湿度から算出
気圧 シリコンセンサを使用
RS92-SGP型GPSゾンデの写真

RS92-SGP型GPSゾンデ

高層気象観測結果の例

下の図は、ある日の高層気象観測結果をグラフにした例です。グラフの縦軸に気圧や高度を、横軸に気温、湿度、風向、風速などの気象要素を取ることにより、上空の大気の状態を表す図を作成することができます。

高層気象観測のグラフ例

高層気象観測のグラフ例

このページのトップへ