岡山地方気象台長のご挨拶

台長の写真

岡山地方気象台のホームページをご利用いただきありがとうございます。

 

岡山県は、晴れの国と呼ばれており、気候も温暖で非常に住みやすい地です。 しかし、自然災害への備えが重要であることについては、国内の他の地方と何ら変わることはありません。近年は全国各地で雨の降り方が「局地化」「集中化」「激甚化」しており、 毎年のように日本のどこかで大きな被害が発生しています。岡山県も平成30年7月豪雨では甚大な被害を受けました。自然災害に対して、これまで以上に積極的に対応する必要が生じてきています。

 

このような背景のもと、気象台としても地域に根ざした防災業務に力を注いでいるところで、市町村の方に迅速かつきめ細かな気象状況をお伝えする体制を整えているところです。 また、住民の皆様も、自分や大切な人の命を守るのは、最終的には自分の判断であることをご理解いただき、市町村からの避難情報や気象庁のホームページの各種情報をもとに早め早めの避難行動を 行っていただきたいと思っております。自然現象を止めることはできませんが、住民の皆さま一人ひとりの日頃からの備えと意識により、被害を軽減させることはできます。

 

今後も皆様に信頼される気象台になるよう職員一同取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。


令和4年 4月

岡山地方気象台長

菅野 能明(かんの よしあき)