富山県の気象

気象特性

 富山県の気候は日本海側気候に属する。冬季の季節風による多量の降雪を始めとして、県内で生じる顕著な現象には以下のものがある。


【豪雪】

当県の山地は世界でも有数の豪雪地帯である。
猪谷地域雨量観測所では、最深積雪262㎝(1984.2.10)を記録している。


富山市の降雪と積雪の記録

累年降雪量

累年の最深積雪

【気温】

平年値は年平均気温が14.1℃、1月の月平均気温が2.7℃、8月の月平均気温が26.6℃。 (参考:年平均気温)東京15.4℃


富山市の気温の平年値と記録

月別気温(平年値)

年・1月・8月の経年変化

【降水量】

年降水量は2,300ミリ(平年値)で、夏季に比べて冬季に比較的多い。(参考:年降水量)東京1528.8ミリ


富山市の降水量の平年値と記録

月別降水量(平年値)

累年の年降水量

【フェーン現象】

 台風や発達した低気圧が日本海を通過する際など、南風が強まりやすい気圧配置では顕著なフェーン現象がみられる。過去には フェーン現象の影響もあって、伏木で日最高気温39.7度(1994.8.14)、上市で日最低気温30.2度(1997.8.9)を記録している。


【寄り回り波】

主に冬季、北海道の西海上で北よりの暴風に伴って発生した高波(風浪)がうねりとして南へ伝わり、富山湾特有の海底地形の影 響で「寄り回り波」と呼ばれる高波が発生することがある。この高波は、冬型気圧配置による日本海の風波のピークを過ぎた後に発生 することが多く、沿岸の人々からおそれられ、被害も出ている。


【蜃気楼】

4~5月頃と11~3月頃、気象条件が整えば、富山湾で「蜃気楼」を見ることができる。


四季の気象と社会的な影響

【春季】(3月~5月)

チューリップ

高気圧と低気圧が交互に日本付近を通過するようになる。高気圧に覆われたうららかな日には、桜や県花チューリップが咲き 誇り、立山黒部アルペンルートが開通し、ホタルイカ漁や蜃気楼を見ることができる。豊富な雪解け水を活かしたコシヒカリ等の 田植えが最盛期を迎える。
一方で、低気圧が発達しながら日本海を通ることが多くなる。通過時には県内ほぼ全域で強風が吹き荒れ、フェ-ン現象による気 温の上昇と空気の乾燥、雪解けに伴う出水、雪崩等の発生がみられる。県内の過去の大火、気温上昇による雪崩はこの時季に多く 発生している。


【夏季】(6月~8月)

積乱雲

梅雨期の前半は比較的穏やかな天気が続くが、後半は梅雨前線の北上に伴って大雨が降ることが多くなる。特に、いったん日 本海に北上した前線がゆっくり南下する際は、洪水やがけ崩れ等の大雨災害が発生しやすい。
梅雨明け後は晴れて蒸し暑い日が続く。海・山に近くアクセスが容易なため、多くの観光客等で賑わう。ただし、午後からは山沿 いや海岸で度々雷雨が発生するので、注意を要する。


【秋季】(9月~11月)

紅葉

移動性高気圧に覆われ爽やかな晴れの日が多くなる。立山山麓をはじめとして、県内のあちらこちらで鮮やかな紅葉が楽しめ る。コシヒカリ等の収穫時期である。
一方で、日本海を南下する前線や大型台風等の影響を受け、曇りや雨のぐずついた天気となることもある。晩秋には、大陸から寒 気が流入するようになり、山岳部では降雪が始まる。平地では肌寒いしぐれ模様の天気が現れ、冬の到来を感じさせるようになる 。多くの観光客で賑わった立山黒部アルペンルートもシーズン終了となる。


【冬季】(12月~2月)

雪景色

冬型の気圧配置になることが多く、上空に強い寒気が流れ込むと降雪が強まり、大雪が降ることがある。また、「鰤(ぶり) 起こし」と呼ばれる雷が発生し、落雷の被害も少なくない。海上では季節風が強く、波の高い日が続く。富山湾特有の「寄り回り 波」が沿岸に打ち寄せることもある。
晴れの日の青空と白銀のコントラストはこの上なく美しい。寒ブリの美味しい時期である。スキー場も賑わう一方で、風・波に伴 う海上災害や大雪に対する警戒は欠かせない。