安全知識の普及啓発に関する取組み

長野地方気象台では、自治体や教育機関等とも連携した気象・地震・火山等の安全知識の普及啓発活動に取り組んでいます。

出前講座(講師派遣)

気象台の業務や気象・地震・火山・気候変動などについて理解を深め、防災知識を高めていただくため、職員を講師として派遣する「出前講座」を行っています。

申し込み方法は出前講座(講師派遣)のページをご覧ください。

防災気象情報に関する出前勉強会・研修会

気象台職員が自治体、報道機関、防災機関に出向いて、防災気象情報の説明・意見交換等を行います。

相互理解を深めて、防災気象情報のより一層の利活用推進を目指します。

平成28、29年度の2年間に、報道機関、自治体等を対象に延べ20回開催しました。

学校防災アドバイザー

文部科学省の委託を受け長野県教育委員会が実施している「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」の学校防災アドバイザーの委嘱を受け、教職員の防災気象情報等の利活用推進に向けた支援、児童生徒を対象にした防災講話等に取り組んでいます。

防災講話では「台風と防災」、「雷雨と防災」、「地震と防災」、「防災訓練のアドバイスや講評」などの講話が可能です。

平成29年度は、長野市、須坂市、飯山市、松本市の小中学校7校で、教職員対象の研修会、児童・生徒対象の講話を実施しました。

令和2年度は、長野市、安曇野市の小中学校2校で、教職員対象の研修会、児童・生徒対象の講話を実施しました。

お天気教室(毎年7月下旬頃に開催)

長野県砂防課、日本赤十字社長野県支部、日本気象予報士会長野支部も参加し、さまざまな実験や気象台見学などを行います。

開催のお知らせは気象台ホームページに掲載します。参加ご希望の方はお申し込みください(先着順)。

DVD

DVD「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」上映

uryou

雨を観測する仕組み

ミニお天気教室

図書館や科学館と連携して、気象庁防災啓発ビデオ「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」の上映、気象実験等からなるミニお天気教室を開催し、主に小学生を対象とした普及啓発に取り組んでいます。

開催のご希望やお問い合わせは、気象台窓口(電話026-232-2738)へお願いします。

jikken

ペットボトルを使った実験(長野市少年科学センター)

tensou

天気相談コーナー(長野市立図書館)

CATV番組出演

CATV局番組に気象情報官が毎月出演し、気象・地震等に関する話題提供・解説を行い、防災気象情報等の普及啓発を図っています。

パネル作成・展示

環境フェア、防災フェアなどのイベントでパネル展示を行います。

御岳ロープウェイの展示スペースには、火山に関する情報等の周知のためパネルを設置しています。

kankyou

第22回長野市環境こどもサミット

ontake

御岳ロープウェイの展示スペース