台長の部屋

和歌山地方気象台台長

11月5日は「津波防災の日」「世界津波の日」

 和歌山地方気象台のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 11月5日は「津波防災の日」、「世界津波の日」です。


 「津波防災の日」は、平成23(2011)年3月11日に発生した東日本大震災を教訓として、同年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」の中で、国民の間に広く津波対策についての理解と関心を深めるために、11月5日を「津波防災の日」とすることが定められました。

 さらに、「津波による被害は国際的な共通課題である」という認識から、平成27年の国連総会において11月5日を「世界津波の日」とすることが採択され、津波防災の新たな取り組みが始まりました。

 11月5日がなぜ「津波防災の日」に選ばれたのか。その理由をみなさんご存じでしょうか。安政元年(1854年)11月5日(旧暦)は、安政の南海地震が発生した日です。広村(現在の有田郡広川町)を大津波が襲った際、浜口梧陵が積み上げられた稲束である「稲むら」に火を放ち、暗闇の中で多くの村人を高台に導いて命を救ったという実話をもとにして作られた物語「稲むらの火」にちなんでいます。


 津波は沿岸に近づき水深が浅くなるにつれ、急激に高くなります。津波の伝播速度は非常に速く津波を見てから逃げるのでは間に合いません。海岸付近で津波警報・注意報を見聞きしたり、地震の強い揺れを感じたり、長くゆっくりした揺れを感じたら、まずは避難です。海岸から離れ、より高い安全な場所へ避難しましょう。

 11月5日の「津波防災の日」、「世界津波の日」を契機に、いざという時の避難場所や避難経路の確認、そして非常備蓄品や持ち出し品などの確認やご家族との連絡方法の確認など、災害が発生したとき、あわてずに身を守るために、その場その時に合わせてどのような行動を取るべきかをあらかじめ考えて、イメージトレーニングをしておいてください。

 令和4年11月2日

 和歌山地方気象台長 山本 善弘


首長訪問の履歴

和歌山県内の市町村を訪問し、気象台の取り組みや地域における防災への協力、大雨時等の連絡手段の確認など、首長と地台長による懇談を行い連携を確認しています。(懇談時にはマスク着用等の新型コロナウイルスの感染防止策を取っています。)


今年度訪問した市町村は、こちら(PDF:0.8MB)をご覧ください。