ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
ホーム > 千歳の気象特性
 

千歳(新千歳空港)の気象特性

 

新千歳空港の位置と地勢

新千歳空港は、石狩平野の南部から勇払原野の北部にかけての標高の低い地域にあり、 空港の西側約30キロメートルには樽前山や恵庭岳等の山々があり、東側約10キロメートルは丘陵地帯となっています。

また、空港は千歳市と苫小牧市にまたがり、南北に伸びる長さ3000メートルの滑走路を2本有しています。

新千歳空港の位置図

観測データの極値・平年値

新千歳空港(千歳)における降水量などの観測データのうち、観測史上10位までの値と平年値です。