本文へスキップ

〒901-0143 沖縄県那覇市安次嶺531-3 那覇空港統合庁舎内
(代表)TEL098-857-3192 平日08時30分~17時15分

下地島空港

基本情報

地点略号
RORS
標点(緯度・経度)
北緯 24°49.6’ 東経 125°08.7’
標高
25ft
滑走路名・滑走路
RWY17/35・3000m×60m
運用時間
08:00~19:30(11.5時間)
観測回数(定時観測)
13回/1日(7時~19時の毎正時)

地理・地勢

下地島空港

<下地島空港>
下地島空港は、宮古島の西約10kmにある下地島にあります。下地島空港は3000m×60mの滑走路で、日本唯一の訓練飛行場となっています。 また滑走路両端にそれぞれILS(計器着陸装置)が設置されており、 日本では数少ない空港となっています。滑走路北側は海に突出しており、 海洋の風の影響を強く受けます。

<下地島の地勢>
島全体が石灰岩に覆われており、宮古島同様、起状が少なく平坦な地形となっています。下地島へのアクセスは車で宮古島から伊良部大橋を通り、そこから複数の橋で結ばれている下地島へ渡ることが出来ます。


観測施設

風向風速計はRWY17(滑走路北側)とRWY35(滑走路南側)に設置されており、空港(全滑走路)を代表する風はRWY17です。 RWY17の風向風速計は、滑走路17の末端から滑走路中心に向かって約240mの位置にあり、風向風速計の感部は地上から9.7mの高さに設置されています。 滑走路視距離計(RVR)は、RWY17とRWY35の両方に設置されており、航空機が着陸するタッチダウン・ポイント付近にあります。 露場には、シーロメータ、温度計、湿度計、雨量計、庁舎内には気圧計が設置されています。

下地島空港観測機器配置図

(注1)RWY=Runway(滑走路)
(注2)露場=周囲の人工物の影響を受けないよう配慮した場所

統計値(風配図、平年値、極値)

風配図(風向の発現頻度)
雨・気温・風速(平年値)
極値(気象庁HP)

バナースペース

那覇航空測候所

〒901-0143
沖縄県那覇市安次嶺531-3
那覇空港統合庁舎内

総務課
平日 08時30分~17時15分
(代表)TEL 098-857-3192
    FAX 098-857-4350