本文へスキップ

〒901-0143 沖縄県那覇市安次嶺531-3 那覇空港統合庁舎内
(代表)TEL098-857-3192 平日08時30分~17時15分

温度計・湿度計

概要

那覇空港には、『電気式温度計』が2基と『電気式湿度計』が1基、滑走路中央にある露場に設置されています。  (注)露場=周囲の人工物の影響を受けないよう配慮した場所

観測要素

気温

航空気象観測では、滑走路面上1.25~2.0mの高さを基準とする大気の温度をいい、℃単位で表します。
航空機の離着陸時における滑走距離と適正な積載重量の計算に用いられます。

露点温度

航空気象観測では、滑走路面上1.25~2.0mの高さを基準とする大気について、その蒸気圧がある温度の飽和蒸気圧に等しいときのその温度をいい、℃単位で表します。
航空機の離着陸時における滑走距離と適正な積載重量の計算に用いられるほか、気温との差から雲底の高さを推定することにも利用されます。

観測原理

電気式温度計

温度変化とともに電気抵抗が変化する材質の特性を利用することで温度を測定します。温度計感部は通風筒の中に収められ、ファンによる強制通風の環境下で温度を測定します。

※ 詳細については、気象庁HPの「温度計・湿度計の原理」をご覧下さい。

電気式湿度計

湿度によって静電容量が変化する素子を用いて電気的変化から湿度を観測しています。

※ 詳細については、気象庁HPの「気象観測の手引き」の5.2.3をご覧下さい。


バナースペース

那覇航空測候所

〒901-0143
沖縄県那覇市安次嶺531-3
那覇空港統合庁舎内

平日 08時30分~17時15分
(代表)TEL 098-857-3192
    FAX 098-857-4350