本文へスキップ

〒901-0143 沖縄県那覇市安次嶺531-3 那覇空港統合庁舎内
(代表)TEL098-857-3192 平日08時30分~17時15分

雷検知局

概要

雷検知局とは雷監視システム(LIDEN:LIghtning DEtection Network system)の一部です。雷監視システムは、雷により発生する電波を受信し、その位置、発生時刻等の情報を作成するシステムです。 この情報を航空会社等に直ちに提供することにより、空港における地上作業の安全確保や航空機の安全運航に有効に利用されています。 

観測要素

雷から放射された電磁波を雷検知用アンテナで受信し、そのデータを信号処理装置にて解析し、ネットワーク機器を通じて東京都清瀬市にある中央処理局へ送信しています。中央処理局では検知局からのデータを収集・解析し、1つ1つの雷について、雷の種類や発生時間・発生位置など決定します。

観測原理

雷監視システム(LIDEN)

雷監視システムは、主に到達時間差方式(TOA:Time Of Arrival)で雷の位置を決定しています。到達時間方式は雷に伴う電磁波の電波を受信し、到達時間差(距離差)が一定となる点の軌跡が双曲線になることを利用して、 検知局で到達時間を検出することにより、雷の位置を決定します。この雷の位置決定には、2~5局の検知局を用いています。また、一部の検知局では方位公会方式(MDF:Magnetic Direction Finder)による雷の位置決定も行っています。

※ 詳細については、気象庁HPの「雷監視システム」をご覧下さい。


バナースペース

那覇航空測候所

〒901-0143
沖縄県那覇市安次嶺531-3
那覇空港統合庁舎内

平日 08時30分~17時15分
(代表)TEL 098-857-3192
    FAX 098-857-4350